r53 鸞山
(らんざん)
【総理大臣賞作者の作木】

羅紗系を代表する品種の一つ。
数多くの登録品が作出された現代においても、鸞山はトップクラスです。

見本画像は長野の全国大会の総理大臣賞作品です。
そして、今回紹介するこの鸞山はその作者が総理大臣賞作品と同じ頃に産まれた苗を長年愛培してきた親木です。元を辿ると、内野口と呼ばれた鸞山で、緩い芸が出にくい系統だと言われています。
多産系と内野口を並べて作っている光景を見たことがありますが、襟組から緊張感が異なっていました。(画像7)

これは親木です。
芋は長く、根数は多く、弱々しい根はありません。
今年繰り出した2枚の葉には本芸を乗せており、来作で上に同じような芸質の葉が被れば、かなり高いレベルの作品に仕上がりそうです。

錦鉢3.3号。

※鉢植えで発送する際は水苔を乗せます
苔巻き鉢植え
購入数
Soldout